慶應義塾大学大学院経営管理研究科(KBS)のEMBAプログラムの海外研修プログラムがオンラインにて実施しました。海外研修プログラムには、カンボジアでSDGs事業に取組む、医療、教育、農業、ものづくり分野の社会的企業が参加し、コロナ禍でもオンラインで現場の声を届けました。

海外研修プログラムは、アイ・シー・ネット株式会社が企画・運営をされ、研修先としてカンボジアでSDGs事業に取組む医療、教育、農業、ものづくり分野の社会的企業計7社の講演をソーシャルスタディより提供させていただきました。

プログラムでは「教育問題を解決する」「若者の夢を叶える」「医療問題を解決する」「産業人材を育成する」の4つのビジネスプラン別にグループに分かれ、オンラインでの現地調査・ヒアリングにより、カンボジアに貢献できるビジネスアイデアについてディスカッションが行われました。