2022年8月9日(火)~8月20日(土)にかけて、カンボジアの廃棄布のロス問題解決に取り組むオンラインSDGsインターンシップを開催します。
本インターンシップは、カンボジアの現地大学生と一緒に英語にて行われます。

カンボジアの縫製業界の課題

カンボジアの主要産業の一つは縫製業であり、縫製工場が多くあります。しかし、縫製工場での低賃金労働や長時間労働による労働環境問題やファストファッションの普及による未使用の生地の大量廃棄が問題になっています。

インターンシップ先:カンボジアエシカルブランド 「ドース」

今回インターンシップ先となるカンボジアエシカルブランド 「ドース」は、カンボジアの縫製業における労働問題や、未使用の生地の廃棄問題に取り組んでいます。カンボジア国内の縫製工場で大量廃棄される未使用の生地の中から高品質な生地を選定し、適切な労働環境のもと自社工房で衣料品を生産し、国内外で販売しています。 「Buy less, Buy Better (多く買うのではなく、良質な商品を買う)」というモットーがあり、大量生産、大量廃棄するのではなく1つの商品を長く着用できるスローファッションやエシカルファッションを発信しています。

現状の課題とミッション

avatar
ドース
共同代表
クンティア氏
布のロスを0にしたい!
製造過程で出る端切れの布を活用した新製品や、地域に還元する取り組みを考えてほしい。

ミッション
廃棄布のロスを活用し社会問題解決につながる取り組みを提案せよ

プログラムの流れ

今回のインターンシップで取り組むSDGs目標は、「SDGs12番:つくる責任つかう責任」です。ファッションロス問題の解決を目指して、カンボジアのエシカルブランド”ドース”が商品を作る際に発生する廃棄生地を活用できる商品企画を考え、ドースの役員に発表します。

自己分析講座・コミュニケーションスキル講座・チームビルディング講座・SDGs講座・企画提案講座など、課題解決に必要な基礎知識は講座で身に付けることができる。

カンボジア人との合同グループをつくり、グループごとに課題解決のアイディアを企画する。ヒアリング調査やリサーチをしてグループで1つのアイディアにまとめる。

中間発表にて日本人で第一線で活躍する社会起業家と、運営スタッフから個別フィードバックを得るからすぐに改善できる。

カンボジアエシカルブランド「ドース」の役員にグループで考えたアイディアを英語でプレゼンテーションする。その場で皆さんのアイディアを評価し、ドースの役員が最優秀賞を選定する。全グループの発表に対して、企業トップから直接フィードバックを得ることができる。

初日に立てた個人目標の振り返りとグループメンバー同士でよかった点と今後のアドバイスの他己評価を行う。その後、キャリアアップ講座にてインターンシップの経験を言語化するため、今後の就活やキャリアですぐに活かすことができる。

プログラム概要

対象大学生または大学院生
形式オンライン(Zoom)
期間2022年8月9日(火)~8月20日(土)
研修日:毎日16時〜19時
費用64,980円(税込)
※説明会参加者割引あり
申込締切2022年5月31日(火)
特典・参加者全員に研修ワークブックを配布
・インターンシップ修了証を配布
・SDGsインターンシップのガクチカの添削
注意事項※お申込受付は先着順とさせていただき、定員になり次第締め切ります。
※前回、申込締切日を待たずして満員となったインターンシップもございますので、ご興味がある方はお早めにお申込みくださいませ。

講師

私たちがサポートします!!


「SDGsや社会問題について、メディアやインターネット上には沢山の情報があります。インターンシップでは、カンボジア人で現地で生まれ育った企業経営者また学生と一緒に取り組むことで本質的なSDGsに取り組むことができます。皆さんと一緒に取り組めることを楽しみにしています!」

ソーシャルマッチ株式会社 取締役副社長 樋口麻美
幼少期は海外3ヵ国で育ち、高校留学と途上国でインターンシップを経験。同志社大学卒業後、IT人材会社ワンキャリアに入社。
その後、ソーシャルマッチの立ち上げに参画。


「日本では、ファストファッションの影響を受け、たくさんの衣服が大量生産・大量消費されています。私たちが日常生活で着ている服がどのように途上国で生産されているかを学び、ファストファッションの課題に一緒に取り組んでいきましょう!」

ソーシャルスタディ教育事業 担当 金愛月
同志社大学在学中に国内外のボランティア活動に勤しみ、フィリピンで若者の貧困支援をする語学学校で新規事業立ち上げを担う。卒業後、人材会社REERACOENのタイ支社で勤務。
その後、ソーシャルマッチに参画。

ゲスト講師
第一線で活躍する日本人の社会起業家の方にご参加いただきます。
確定次第、随時更新いたします。

参加者の声

春開催のインターンシップの全体の満足度は9.41点(10点満点中)でした。

avatar
大学1年生
野村ひかりさん
SDGsインターンシップでは、自分の弱みを再認識することが出来ました。SDGsに興味がなかったとしても、SDGsインターンシップでは自分のことを知る機会になり、自己成長出来たり、将来のキャリアにも活かせるチャンスがあります。
(参加者の声より)
avatar
大学3年生
髙橋百佳さん
このSDGsインターンシップに参加しなかったら、普段身につけている衣服がどのように作られているのか考えることがなかったと思います。グループワークを通じて少しずつ自分から発言することを意識し、積極的に発言することができたので苦手意識を持たなくなりました。
(参加者の声より)

オンラインSDGsインターンシップ無料説明会お申込みフォーム

毎週月・水・土に開催しています。
個別相談も別途承っておりますので、お気軽に下記フォームよりお申込みください。







■学年      





■参加日時    

■インターンシップを知った経緯 

■ご相談・ご質問がございましたらご記載ください(任意):

プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信してください。