カンボジア渡航型のSDGsインターンシップは実際に現地の治安が不安だったり、また、初めてのインターンシップだと英語やスキルが不安に感じたりますよね。
SDGsインターンシップのよくある質問を回答します!

Q.カンボジアの治安が心配です、、

ひったくりなどの軽犯罪が日本より起きやすくなっているため、数年のカンボジア在住経験がある役員が危機感管理体制を構築し、出発前には危機管理講習を行います。
また、専用バスをチャーターし、常に集団行動を行う、深夜の外出を禁止するなど犯罪に巻き込まれるリスクを減らします。

SDGsインターンシップ中は、海外経験豊富なサポートスタッフが、行きの飛行機から同行し、宿泊先も一緒で、常にサポートしますのでご安心ください。

Q.カンボジアの食事が、口に合うか不安です。

綺麗なカンボジアのレストランを手配します。また、カンボジア料理の中でも日本人にも食べやすい料理を選びます。

<食事するレストラン例(予定となり変更となる可能性があります)>
・おしゃれな内装のカンボジア料理レストラン One More Restaurant

・ゼロウェイスト(廃棄物ゼロ)の試みを行っている「Pizza 4P’s Phnom Penh」

Q.現地で病気になった時が心配

現地には日系の病院が複数あり、スタッフが病院までつきそいます
現地には日本人医師がいる日系の病院が複数あります。活動範囲は、何かあった際に3時間以内で日系の病院に行ける距離としており、万が一の場合には、スタッフが病院までつきそい、サポートいたします。
また、体調を第一優先としていただき、疲れた時や体調が優れない時は、ホテルでゆっくり休んでいただきます。

※画像引用:Sunrise Japan Hotel,https://www.sunrise-hs.com/index.php/jp/about-us#hospital-information  (閲覧日:2022/10/18)

Q1年生でもインターンシップに参加できますか

未経験者の方も成長できるサポート体制や基礎講座があるため、これまでのSDGsインターンシップの参加学生様の30%が1年生の学生様となっております!
すでに、春のSDGsインターンシップにも1年生の方にもお申し込みいただいておりますので、ご安心ください✨

Q英語がうまくしゃべれなくても大丈夫でしょうか?

全て日本語で参加でき、これまでの参加者の半数以上が英語があいさつレベルです。

全てのインターンシップに関して、通訳もあるため、全て日本語で取り組む事ができます。これまで英語力不問のインターンシップにご参加いただいた方の半数が英語があいさつレベルですのでご安心ください👍

「カンボジアでの生活についてや」や「オンラインSDGsインターンシップのQA」など合計20個の回答は、こちらから👇👇